2
11月

豪華客船で旅がしたくてカードローンに

とても人気の豪華客船ツアーがあり、その旅が当たる懸賞をやっていました。
当たればラッキーと思って応募してみたところ、当選し、本当にびっくりしました。
本当に当たれば良いな程度で送っただけなので、嬉しいのと同時に、そんな豪華な場所に着ていく服もないし、色々な準備を考えると、それらにかなりのお金がかかる事に気がつきました。
でも、折角当たったからには参加したいですし、そして船の上でみすぼらしい思いをしたくはありません。
それなりの格好で、しっかりと旅を満喫したいと思い、その費用をカードローンで借りる事にしました。
銀行と消費者金融に相談したところ、すぐに審査はクリアし、無事にカードローンが使えるようになりました。
そして、キャッシング申込で借りたお金で、旅の準備を始めました。
準備を始めると、あれもこれも用意しておきたくなって、お金を借りて本当に良かったと思いました。
そして、カードローンのおかげで、豪華客船を心から楽しむ事が出来ました。

4
11月

キャッシングで得たお金をファッションに利用した兼田

by jt12030224 in キャッシング

Comments closed Comments

20代の頃に自営業としてお店を始めまして、もう10年以上になります。
始めた頃は多くのお客さんで賑わい活気がありましたが、景気減速とともにお客さんの数も少なくなり、
今ではお客さんを呼び戻すために、毎月様々なイベントを行っていますが、すぐには反応がなく、この企画が間違っていたのかと
思ったりもしながら、何とか営業を続けております。
今まで仕事ばかりの毎日でしたので、自分のことには構っている暇はなくここまで来ましたが、30代となりますと
ファッションの事が気になりまして、お店の休みを利用して、今流行りの服を買おうと思いましたが、なかなか今の状態では
お金を捻出する事ができませんので、消費者金融のキャッシングを利用して30万円を借りる事にしました。
初めての利用で不安でしたが、キャッシングカードを発行するため書類を書いて申込みました。
申し込みの際、簡単な審査がありましたが、自営業者で収入があり、返済能力があると判断されまして、
ようやくキャッシングカードの発行ができました。アルバイトやパートでも申し込める?
キャッシングの方法は、便利なATMで引き出すことができますので、大変便利です。
返済は、最近では分割もできるという事で、今回分割で申し込みをしました。
キャッシングで引き出したお金を持って、こらから流行りの服を買いに行きます。

28
6月

キャッシング返済延滞で注意すべき点

by jt12030224 in お金借りる

アメリカには30年くらい前から流行っている言葉があります。
「プラスチックマネーには注意が必要だ」 という意味ですが流行語となっていました。
今でも当時と事情は何ら変わっていないと思います。
プラスチックマネーというのはクレジットカードのことなんです。
アメリカ人は現金は少額しか持ち歩きません。
大抵のお買い物はクレジットカードか小切手で済ませる文化なんです。
お買い物依存症というのがアメリカに存在します。
ひとたび街に出かけると、お買い物をしなければ気が済まない最悪の症状なのです。
クレジットカードは両刃の剣です。
便利な反面、カードの使いすぎには十分注意しなければなりません。
日本ではお買い物依存症の人もいますが少数派です。
日本人に多いのはギャンブル依存症と海外旅行依存症だと思います。
私は後者の海外旅行依存症でした。
お盆、お正月、GW(ゴールデンウィーク)が迫るともういけません。
居ても立ってもいられなくなって、すぐに格安航空券の手配をしてしまうのです。
ボーナス払いで一括返済出来たので大事に至りませんでした。
キャッシングでお金を借りる時は必ず返済出来る範囲で利用しましょう。

22
6月

ショッピングモールの100円ショップ

by jt12030224 in キャッシング

私は100円ショップが大好きで、
「今日はこれを買おう」と行っても
別の棚もついつい見てしまい、必要以外の物も色々買ってしまいます。

特に、車で30分ほどのたまにしか行かないショッピングモールの100円ショップでは、
洋服のブランドショップのウインドウショップを楽しんだ後、
用もないのに入ってしまい、「これいいかも」と何かしらの物を買ってしまうのです。

近所の同系列のお店にも、見つければ同じものがきっと置いてあるのに違いないのですが、ショッピングモールの雰囲気が「魅力的な物」として、私の眼にはうつってしまうのでしょう。
たとえていうなら、「ここまで来たのだから、何か買わなくては」と、旅先で「記念に」といって、少々割高のものでも買ってしまう心理に近いのかもしれません。

そうして買ったものは、日々の生活の中で有効に使えているものもありますが、
無駄になってしまっているものも少なくないです。
節約のためには、そこを我慢しなくてはならないところなのですが…

しかし、ショッピングモールで高いブランド服を「記念に」と言って買う勇気は、私にはないので、100円ショップで「小さな幸せ」を買うぐらいが、ちょうど良いのかもと思っています。